千葉県立幕張総合高校科学部のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは。
sugarと申します。
鼎祭の記事を書かせていただきます。

あ、私は3年生なので今回の記事のみ担当します。

※ちょっと長くなってしまいました。
「最後まで読んでやるよ!」と言う心優しい方は、下の『追記の展開』ボタンを押してください。
今年も無事に鼎祭を執り行うことができました!

結論だけ書くのもつまらないので、鼎祭準備のところから追っていきましょうじゃありませんか。


~準備その①エアドーム作り~
まずはプラネタドームを作成するところからですね。
白黒のマルチシートを購入し、いざ作ろう!と言うところで早速問題発生。
センターラインという青い線がついていたのですよ。
これは非常にマズい。
この線を避けて切ると、寸法通りに作れない。

始まる前に終わったか・・・と思いましたが、落書き落としスプレー様の尽力により見事解決。
いよいよ組み立てです!
165.jpg
手際よく作業は進みます。

昨年も2個作っているだけに、最早プロ並みの手際です。
人数も増えたので、流れ作業のように効率よくエアドームは完成


~準備その②解説練習~
ハードができたら次はソフトなのです。
今年は人数が多いと言うことで、3グループに分かれての解説練習です。
私は二年生二人、一年生三人の計六人の班に振り分けられました。

来る日も来る日も読む練習です。
だって、読むしかうまくなる方法なんてないのですよ。
私もクラスの準備の合間をぬって練習しましたよ。
上手くなったかどうかは知りませんが・・・

329.jpg
時には腹ごしらえも大切。
決して宣伝ではありません。

一週間を切るといよいよ追い込み。
実際に投影し星の位置もしっかりと確認していきます。
台本の読み合わせもして、お互いに変なところを修正したりと余念がありません。

374.jpg
なんだかんだで後三日。
クラスの準備も追い込みを迎え、科学部で準備ができる時間が減っていきます。

だが問題ない!
休日も練習した我々が上手くいかない訳がない!

375.jpg
勇気だけが友達じゃない!


~準備その③もうすぐ本番!~
二日前から発表場所が使える様になります。

382.jpg
クラスの準備から帰ると、教室が真っ黒に。
遮光性は抜群。
頑張ってやってくれたんだな~と、ちょっと感激。

381.jpg
ドームの入り口はちょっと狭い?
去年に比べたら相当良くなっているので十分でしょう。

暗くなった部屋では星がかなり綺麗に映ります。
限られた時間で、通し練習などの最後の確認をしていきます。

泣いても笑ってもこれが最後!
気合い入れていこう!



~本番!~
校内発表の日がやって参りました。
043.jpg
051.jpg
明日が七夕ということもあり、校内も綺麗に飾り付けられています。

一日目は予想通りというか何というかで、午前中はお客さんは閑古鳥でした。
午後には少し来てくれましたが、ちょっともの足りませんでしたね。
とりあえずの対策をとり、明日の一般公開へ。

いよいよお終いの日がやってきます。

063.jpg
最後の日にもかかわらず、早朝から練習。
発表を支えてくれる機材たちも、休むヒマがありません。

午前中は私はクラスのシフトが入っていたので、どうなっていたのか分からず。
でも。
148.jpg
こんなにたくさんの人がいるんだから、科学部にだって人は来てるはずだ!
と思いながら166へ。

正直目を疑いました。
そこには、20人を超えるお客さんがいたのです。

教室の中で、ドームの空気量を調整しながら後輩たちの発表を聞いてました。
なんて上手くなっているんだ。
正直感激しましたよ私は。

しかし、驚きはここで終わるわけではありません。
次の回を待つお客さんが30人以上いるではありませんか。

思えば二年前。
その年の発表は、段ボールのドームにピンホール式のプラネタリウム。
そして行き当たりばったりの解説・・・。

それから比べて、なんと進化している事でしょうか!

いよいよ自分が担当する回がやってきました。
なんかもう、頭が半分くらい真っ白で良く覚えていません。
台本にないことも、思わず喋ってしまいました。
ついつい口から出てきてしまったのです。

152.jpg
最後の投影も無事終わり、お祭りも終わりを告げます。

こうして218人の動員数を残し、2012年の鼎祭は終わったのです。


~最後に~
科学部の発表に来てくださった皆様。
本当にありがとうございました!

成功した。と言える結果に終わることができました。
私が入部して以降、最高の文化祭だったと思います。

さて、文化祭は終わりましたが科学部の活動は終わりませんよ。
まだまだやることはたくさんあるでしょう。
私がそれを見届けられないのは残念ですが、きっと後輩たちが頑張ってくれると信じています。

ブログの更新も、次回から後輩に戻ります。
では皆様。

また会う日まで!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

[2012/07/08 23:59] | 鼎祭2012
トラックバック:(0) |


aicezuki
本当に本当にお疲れ様でした!

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。